2012年05月06日

年収500万円の人でも貯蓄をする時代

バブル時代は持っているお金はじゃんじゃん使うとか、あまり節約と言う意識はなかったように思いますが、今は年収500万円の20代社会人でも節約をした上で貯蓄することも増えてきているようです。



節約には賛否両論あり、老後のためにも安心を得るためにも必要だという賛成の意見と、そこまでして節約しても人生が楽しくない、そこまで切り詰めなくてもいいのではないかという否定的な意見とがあります。


もしかしたらこれから大金持ちになるかもしれないし、でも販売にもっと不況不景気失業も考えられるし今のうちのしておく貯金も大事なのではないかなど、難しいですね。


給料が少なくても夫婦共働きならばそれほど問題視することもないだろうとも言われますし、将来生きていけないほど困ると言うこともなさそうですが。


アメリカやヨーロッパの失業率に比べるとまだ日本は低いかとは思います。







posted by スンス at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

前田敦子は母親に勧められてAKB48に入った

前田敦子はAKB48を卒業しますが、もともとは内向的だった前田敦子を見て母親がAKB48のオーディションに受けることを勧めたのだそうです。



母親がたまたま見かけたのがAKB48というか母親にセンスがあったのか。



最近では芸能界に入ることに反対する親も多い気がしますが、昔憧れたけれど挑戦できなかった親などが賛成することが多いですね。


前田敦子も娘がかわいいからもったいないとか、入れたいという気持ちがあったのかもしれませんし、前田敦子が人気が出ると言うことは母親も美人だったのかもしれません。


また前田敦子は芸能界でも失態をすることもなく無難に人気を維持しているので、母親もそういうアイドルなどに興味があったのかもしれませんね。


以前前田敦子の両親は福岡県出身とテレビで言っていたと話題になりましたが、福岡県のイベントではおじいちゃんおばあちゃんが応援に来てくれていると言っていたのでやはり福岡県出身の両親なのですね。




posted by スンス at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

広島前田健太の年俸2012、マエケン

広島東洋カープの前田健太に2012年度に支払われる年俸は1億5000万円です。




今は不況なだけにスポーツ選手とサラリーマンの給料差は大きいので、スポーツ選手と結婚したいという方も多いのではないでしょうか。


スポーツ選手は戦力外になってもスター選手になればかなり預金がある、けれどもサラリーマンとなれば昔とは違い終身雇用でもなく、給料が高いわけでもないのに解雇される可能性もあるので、心配も多いかと思います。



だいたい野球選手はプロ入りする前から知り合いだったとか、食事会で知り合ったとか、知音に紹介してもらったとか、テレビなど仕事で知り合ったなどが多いですね。



ファンとして知り合うのはあまりないようで、野球以外のプライベートな時間に声をかけると嫌がられるとか、マナー違反となり印象が悪くなることもあるのだそうです。



野球選手の知り合いを探すとか、仕事で関わる職業に就くなどが一番早いですね。



posted by スンス at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連

2011年04月28日

セブンイレブンの豆乳クッキーの感想と口コミ

最近セブンイレブンの豆乳クッキーを食べてみましたが、価格も安くサクサク感もありながらもしっとり感も備わっているおいしいクッキーでした。

豆乳クッキーはダイエットにも使われることが多いですが、ダイエットおからクッキー等は価格もやや高めなので、セブンイレブンの豆乳クッキーはなかなか良いなと思いました。

袋も小さめなので食べすぎることもないですし、湿気なども気にせずに食べられそうです。





posted by スンス at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年04月23日

福岡ソフトバンクホークスの内川聖一移籍してきて本当に良かった

福岡ソフトバンクホークスの内川聖一選手が移籍後の今季初本塁打を打ちお立ち台に立ちましたが、コメントも好評だったようです。

「(ヤフードームの大歓声を浴びて)ホークスに移籍してきて本当に良かったと思います! 打点はみんながチャンスをつくってくれたおかげで、おいしいところだけ頂きました。
松田が後輩のくせにアゴタッチをしてくるので(笑)、先輩の威厳を持って厳しくいきたいですね。チャンスで流れた猪木のテーマもムネ(川崎宗則)さんが勝手にやったことで僕は知らなかったんですよ。(打率が4割を超え)まだ始まったばかりですけど、1本でも多く貴重なヒットを打ちたいと思います」

横浜時代にはチームが最下位になることも多く、どうしても個人成績を目標にするしかなかった、横浜ではレギュラーも確約されている状況で甘えが出てしまう、このままでいいのか?と悩み、優勝を味わいたい気持ちも強いとと話していました。

横浜ではなかなか勝てないということもあり、ファンの怒りも達し、ヤジや批判も多かったのだとか。

内川聖一選手は昔はダイエーホークスファンでもあった、ファンクラブにも入っていたと言う話もありますが、本当なのでしょうかね。

移籍した際には球団職員と共に球団事務所を訪れ、そこで自己紹介された際にには職員が立ち上がり拍手で迎えられ、握手を交わしたということもあり、感激した様子でした。

どちらかと言えばパリーグの方が日本代表級のエースが多いかなとは思いますが、ヒットはかなり出ていますね。


posted by スンス at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連

プロ野球ソフトバンクホークスは身だしなみには厳しい、社会人のお手本


ソフトバンクホークスの選手はユニホームの裾の広がったものを禁止されているようですね。

以前からソフトバンクホークスではスーツの着こなしなど身だしなみには厳しく取り組んでいるようです。

スポーツ選手以前に社会人としての心構えが大事だとのことでした。

チームによっても茶髪、長髪、ヒゲは大丈夫なところと、禁止しているところがあります。

巨人はだいたい禁止、野村克也監督時代の楽天は禁止でした。

人は見た目が9割と言う言葉が本当だとすればやはり良い印象を与えられる格好と言うのは大事でしょうね。

身なりにあった内面に変わってくるのだとすれば外見から変えていくのも大事なことでしょう。
posted by スンス at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連

地震や津波で家が流される、お金の落し物も増える、タンス預金など

東日本大震災では金銭の落し物も届けられることがあったそうですが、生活に大事なものも流されてしまうのですね。

生きている方は生活しなければなりませんし、現実問題では家にあるお金は確保してその後の生活の支えとしなけれbなりませんしね。

地震では火事になる場合も多かったですが、今回は津波も起きて流されたので、元の家に戻ってもお金、金庫、大事なものがないという状況だったでしょう。

銀行に預けている場合にはキャッシュカードで引き出せるものの、タンス預金など家に置いていた場合にはなくなったこともあったでしょうし、大変だったのではないでしょうか。

よくニュースでも家にあった数百万円、数千万円を盗まれたとか、盗難にあったということも出てきているので、予想以上に家に保管している方も多いのではないでしょうかね。

やはりある程度のお金は銀行に預金しておいた方が安心なのかなと考えることの多かった津波でした。

posted by スンス at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活関連

元キャンディーズの田中好子メンバーとは定期的に食事会を

元キャンディーズの田中好子さんが死去してからはCDの注文も増えているのだとか。

ここ最近は生前はそこまでは注目されることもなく亡くなった後にCDなど商品が売れることが多く、ちょっと皮肉な結果になることも多いですね。

78年に「普通の女の子に戻りたい」と解散した2年後の80年からは女優業を中心に活動してきました。

解散後も3人の交友はあったそうで、お互いの家を行き来したり食事会を開くことがあったそうです。

田中好子さんががんの闘病生活を送っているのはごく一部の人しか知らないことだったのだとか。

80年代になって松田聖子さんや小泉今日子さん、バブル期の派手系アイドルが登場してきたので、70年代のアイドルはそうはいないでしょうね。

どちらかと言えば山口百恵さんのような落ち着いた雰囲気の方が多かったかなと思います。
posted by スンス at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2010年05月06日

福祉が高い国、ヨーロッパの国々

ヨーロッパでは福祉が充実していますが、その分税金は高くなっているんですよね。

税金が高いと生活がやや厳しくもなりそうですが、税金が投入されていることで、世間の目は意識するようになるでしょうし、周りの人に支えられているという風潮は出てくるのかもしれません。


税金で国を支えると言う面から、国民も国の運営に参加している感覚も高まるのではないかと思います。

仕事でも自分のために働くだけではなく、国のために働く意識という割合も高いでしょうね。

ヨーロッパは世界的に比較的安定している社会でしょうかね。

posted by スンス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

ベビーブーム、子供の数ヨーロッパやオーストラリアでは高福祉

国によっては少子化や福祉の問題などが起きることがありますが、ヨーロッパやオーストラリアなどでは子供の教育費や子供にかかる費用負担というのが軽減されています。

子供の医療費は無料とか、教科書・教育費もすべて国で負担するというところもあります。

日本は29年連続で子供の数が減っているので深刻ですね。しかも第二次ベビーブームと言われた世代が親になる年代ですら減っているので早いうちに対策が必要かと思います。

第二次ベビーブームの親はベビーブームの世代なので本来は子供の数が増えてもおかしくありませんが。

posted by スンス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他