2012年05月06日

年収500万円の人でも貯蓄をする時代

バブル時代は持っているお金はじゃんじゃん使うとか、あまり節約と言う意識はなかったように思いますが、今は年収500万円の20代社会人でも節約をした上で貯蓄することも増えてきているようです。



節約には賛否両論あり、老後のためにも安心を得るためにも必要だという賛成の意見と、そこまでして節約しても人生が楽しくない、そこまで切り詰めなくてもいいのではないかという否定的な意見とがあります。


もしかしたらこれから大金持ちになるかもしれないし、でも販売にもっと不況不景気失業も考えられるし今のうちのしておく貯金も大事なのではないかなど、難しいですね。


給料が少なくても夫婦共働きならばそれほど問題視することもないだろうとも言われますし、将来生きていけないほど困ると言うこともなさそうですが。


アメリカやヨーロッパの失業率に比べるとまだ日本は低いかとは思います。







posted by スンス at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55692827
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック